株式会社 沼尻電機

電気設備・空調設備の工事

熊谷市役所本庁舎にて省エネ効果試験が始まりました。

   
施工前(200V高力率型40W×2灯用) 施工前(200V高力率型40W×2灯用)
 
既設照明器具反射板取付穴を利用して「Wエコ」固定器具」取付 既設照明器具電源を「Wエコ」へ電源供給
 
施工後(Wエコ FHF63W×1灯用) 施工後(Wエコ FHF63W×1灯用)
施工内容
熊谷市本庁舎5F営繕課内ロビー上他に環境配慮型照明「Wエコ」を施工した省エネ効果試験点灯が始まりました。現況の照明器具と比較した場合、消費電力の削減、CO2排出の削減、ランプ寿命が約1.5倍等の効果が得られます。現況の安定器やソケットを廃棄する事無くそのままリニューアル出来るため初期コストも大幅に削減出来ます。全て照明器具を交換する概念から必要最低限の部品交換でリニューアルする事で経費の削減にも結びつきこれからの本格導入に向けての足掛かりになって欲しいです。尚、今回の省エネ効果試験では、熊谷市建設部営繕課様 パナソニック電工様のご協力を頂いております。
 
 

2011年2月に投稿した新着情報と施工事例紹介|沼尻電機の記事一覧