株式会社 沼尻電機

電気設備・空調設備の工事

熊谷バイパス第1地下道LED照明試験設置経済比較

   
消費電力の比較
(FLR40Wx1とLED10W)
電気料金の比較
(FLR40Wx1とLED10W)
   
   
   
   
   
   
比較算出基準
試験点灯をさせて頂いている熊谷バイパス第1地下道の経済比較表です。
交換対象は、既設照明器具FLR40Wx1灯用 25台をLED投光器10Wへ更新した場合で 1日24時間点灯状態で1ヶ月稼動日数30日(月間稼動720時間、年間稼動8640時間)にて算出をしております。
比較からみて
器具の製品寿命(ランプ)が約5年間延び 電気料金に関しては、77%の削減可能と
なり 年間のCO2排出量は、FLR40Wx1灯用が4180kg LED投光器に関しては
929kgで 約77.78%の削減が可能です。
今後CO2削減量を国に提出し、実行できなかった場合には企業の公表と罰金が課せられます。 参考までに東京都のモデルケースとして、1tあたり@100,000円です。

2010年9月に投稿した新着情報と施工事例紹介|沼尻電機の記事一覧